デジタルな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS また、またjupyterの勉強、グラフ、データ表示

<<   作成日時 : 2018/06/13 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なもさん、jupyter notebookでipythonの勉強をする。
今回試したのは。pandasのライブラリー、これはとても強力らしい。
静岡空港の気象データ、これは、簡単に気象庁のデータベースから
拾える、住んでいる町のデータは無いので、比較的近くの静岡空港
の5月1日から5月31日までの最高、最低、平均気温をcsvのデータとして
手に入れる。これはエクセル等で表示できるので、少しだけ不要な行、列
を削除して、kion.csvとしている。これを呼び出すのだが、
ここでの注意、それはnotebookファイルの置いてあるディレクトリーでなく
jupyterを起動しているディレクトリーに置かないと、呼び出してくれない。
これは、パスが効かなかったように思う。これで1時間くらいあれこれ試す羽目になった。

import pandas as pd
data =pd.read_csv("kion.csv",encoding="shift_jis")
print(data)

これで出力されるのは
年月日 最高気温 平均気温 最低気温
0 2018/5/1 24.7 19.5 13.5
1 2018/5/2 22.8 17.8 15.2
2 2018/5/3 24.5 19.8 15.0
3 2018/5/4 19.6 15.8 11.8
4 2018/5/5 22.0 16.8 10.1
5 2018/5/6 24.9 19.0 12.4
6 2018/5/7 20.2 16.3 13.7
-----
のようなデータの並びである。
最初の列の番号は勝手につく。

%matplotlib inline
import pandas as pd
df = pd.read_csv("kion.csv", encoding="SHIFT_JIS")
#df.sort_values(by=["最低気温"], ascending=False)
#pd.DataFrame(df.sort_values(by=["最低気温"], ascending=False))
df.plot.bar(x=["年月日"],y=["最低気温"])
グラフを書くには最初の行、inlineが必要
ここでdfは呼び出した上のデータのこと(先の例ではdataとした)
#行はコメントアウトしてあるが、#を取り去れば、最低気温で降順に並べ替えられた、データの並びが
出力される、昇順が欲しいときは、Trueとする。
今回の出力グラフは、棒グラフ、折れ線が欲しいときは、barの代わりにlineとする。
画像

このようになりました。何となく、上下の変化はありますが、季節が変わっていく様子が分かります。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また、またjupyterの勉強、グラフ、データ表示 デジタルな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる